2022年6月20日月曜日

学生時代の勉強について

 エリーです。今回は学生時代の勉強について書きたいと思います。

 甥っ子が中学校に入学して、初めての中間テストがあったようです。中学校は覚えることが多くなって大変です。しかも、昔は「枕草子」を中学校で習いましたが、今は小学校の国語の教科書に出てきます。前より勉強が難しくなっているようなのです。

 

 私が中学校の頃は普段は学校の宿題をやるだけで、あとの時間は本を読んでいることが多かったです。私の場合は、部活が休みになるテスト1週間前になったら、食事の時間を除いて全部勉強時間にしていました。そして、勉強を始める前に、何の科目をどの時間に勉強するか、計画を立てて紙に書いておきます。1時間ごとに科目を変えて勉強するのがポイントです。長時間同じ勉強をしていると飽きてしまうので、科目を変えることで気分転換するのです。

 そして数学などの問題を解いている途中でも、時間になったら科目を変えます。そうすると、次の日「あの科目が途中だからやろう」という風になり、勉強が続けやすくなります。

 勉強はまず、自分の好きな科目から始めて、勢いがついたら数学など苦手な科目をやります。暗記科目の後に考える科目を持ってくると頭に入りやすいからという理由もあります。

 もちろん長時間勉強すると疲れてきます。ここで大事なのは、勉強の計画は立てていても「今日はこれ以上勉強しても頭に入らない」と思ったら、計画を変更して気分転換のために1時間だけゲームをするとか、柔軟に考えることです。私の場合ドラクエを1時間やった後の勉強はすごく頭に入りました。

 人によって勉強の方法は色々あると思います。私は普段本を読む時間が欲しかったし、試験ぎりぎりまで勉強する気にならなかったため、こういう方法で勉強していました。


 私は学生時代、暗記科目が得意でしたが、今になって考えると暗記しなければいけない量が多すぎたような気がします。短大では好きな勉強ができて楽しかったですが、中学と高校はやっぱり勉強が苦しかったです。


 日本は欧米と比べ、詰め込み教育と言われています。確かに、詰め込み教育だと先生が採点しやすいというメリットがあります。しかし、問題もあります。テストが終わると暗記したことを忘れてしまう人が多いということです。先生が全部教えるのではなく、もうちょっと図書館で調べる学習や、考える学習があっても良いような気がします。

 特に高校の政治経済などは、教科書をただ暗記するだけでは本当に勉強したことにならないと思います。政治経済を勉強したはずなのに選挙で投票に行く人が少ないのは、何も考えずに暗記ばかりだからではないでしょうか。ECがEUに変わったように、社会科は暗記しても変わることがあるので、図書館で調べる能力を身につけることも大切です。

 教科書の重要な部分などは、図書館で調べてレポートを書いているうちに覚えることができると思います。


 詰め込み教育だと落ちこぼれが出てきてしまうという問題もあります。勉強は積み重ねがあるので、途中でつまずくと学校に行くのもだんだん嫌になってきてしまうと思います。本来なら、学校に行って勉強の楽しさが分かるような授業でなければなりません。

 私は高校時代に与謝野晶子訳の源氏物語を読んで、面白いなと思って短大の国文科に入りました。しかし、高校時代に勉強した古文の細かい文法や二重敬語なんて今は全然覚えていません。そういった勉強でつまずく人が多かったような気がします。

 高校では源氏物語のほんの一部分を勉強するだけで、全体がどういう物語なのかが全然分かりません。これでは、結局源氏物語の面白さが分からずに終わってしまうと思います。高校ではただ源氏物語の現代語訳を読むだけにした方が、かえって古典が好きになる人が増えるのではないでしょうか。学校では完全に受験のための古典になっていると思います。

 短大での源氏物語の勉強は、まず源氏物語の中の自分の担当するページを教授が決めます。学生はそれを現代語訳して紙に書いて、それをコピーしてクラスみんなに配り、前に出て発表します。私はただ源氏物語を現代語訳した本を学校の図書館で探して、それを丸写ししただけだったのですが、それでも良い成績で卒業できました。


 欧米は詰め込みではなく個性を伸ばす教育と言いますが、一体どういう授業をしていて、どういうテストで、採点基準は何なのかとても気になります。欧米の大学生は図書館で調べることが多く、日本の大学生よりも本を読む量が多いようです。

 もし、自分が学校教育を変えられる立場なら、もっと子供の個性を尊重して、詰め込み教育じゃない学校にしたいと思います。自分には子供がいませんが、このままでは子供達がかわいそうです。子供の自主性を尊重して、もっと早い時期から好きな勉強ができるようにした方が良いです。今の受験制度だと、学力が足りなくて希望通りの学校に入れず、自分の好きな勉強ができずに終わってしまう人が多いからです。


 あと、私は中学校時代には自分の好きな本を読む時間がありましたが、高校時代は勉強ばかりになってしまい、あまり本を読む時間がなかったというのが不満です。もう少しゆとりがあっても良いと思っていました。

 結局私が短大に行ったのは、学校の勉強が面白かったからではなく、学校の勉強以外の時間にきっかけがあったからです。ですから、10代の将来を考える大切な時期には勉強だけではなく、ゆとりも必要だと思います。

 学校の勉強が、全ての子供達に良いように変わってくれたら良いと思います。

2022年5月30日月曜日

私の好きなサウンドノベル

 エリーです。今回は私の好きなサウンドノベルについて書きます。

 サウンドノベルとは、小説を読みながら進めていくゲームです。ゲームの画面が実写の写真になっていて、その上に文章が出てきます。ドラマを読んでいるような感じです。ゲーム中に選択肢が出てきて、その選択によって主人公の運命が変わります。

 サウンドノベルの中で特に好きなのは、チュンソフトの「街~運命の交差点~」と、スパイクチュンソフトの「428 封鎖された渋谷で」です。


 「街~運命の交差点~」は、原作者が長坂秀佳さんです。20年以上前のゲームですが、とても面白いです。

 このゲームは主人公が8人いて、それぞれにシナリオがあります。主人公の選んだ選択肢が、他の主人公に影響を与えることがあります。また、一人の主人公から他の主人公に話の途中で移ることができるシステムになっていて、それがとても絶妙なのです。

 その中で私の好きな主人公のシナリオは、「雨宮桂馬」の「オタク刑事走る!」です。ゲームオタクの刑事さんの話です。あまり書くとネタバレになるので、これ以上は書けません。

 

 「428 封鎖された渋谷で」は、主人公の一人である「加納慎也」が誘拐事件の捜査をするところから物語が始まります。とても面白くて、先がどうなるか気になります。自分の選択で誘拐事件が解決できるかどうか決まるのです。

 この刑事さんの話も好きですが、私は熱血フリーライターの「御法川実」の話が好きです。「御法川実」は多額の借金がある出版社の社長を助けるため、渋谷で取材をして記事を書くことに奔走します。記事を書く間いろんな人との出会いがあり、それがとても面白いのです。

 この話は、シナリオライターの北島行徳さんが新聞記者だった頃の体験をベースにしたものだそうで、ライターの気持ちが分かるからこそ書ける文章なのではないかと思いました。読んでいてとても情熱を感じますし、文章力があると思います。


 ここで紹介したサウンドノベルはとても面白いのですが、売れ行きがあまり良くないそうです。活字離れが影響しているのでしょうか。売れてないなんてもったいないと思います。

 でも、サウンドノベルをやっていると普通のゲームより目が疲れやすいというのも確かです。面白くてやめられないため、ついつい長時間やってしまいますが、1日1時間と決めてやった方が良いです。


 「街~運命の交差点~」はプレイステーション2か、3。「428 封鎖された渋谷で」はプレイステーション3か、4で遊べます。面白そうと思った方はぜひやってみて下さいね。


2022年5月16日月曜日

ネックレス掛けと小物入れを作って (厚紙工作Part3)

 エリーです。今回は前回に引き続き、厚紙工作シリーズとなります。まず、ネックレス掛けの2つ目です。作り方は前回と同じなので省略します。今回は100円均一で買った大きめの星のシールを貼ってみました。流れ星がかわいくて気に入っています。

右から見て


左から見て


ネックレス掛けてみて


 次は小物入れを2つ作りました。まず、筒状の厚紙を用意します。



 そして、画用紙とパステルカラーペーパーを用意します。



 底にする厚紙を丸く切ります。そして、水色のパステルカラーペーパーを白い厚紙に貼り付けます。



 デザインペーパーを内側の側面に貼ってから、底にする厚紙もボンドで貼り付けます。底のはみ出た部分は、ボンドが乾いてからはさみで切ります。




 画用紙を外側の側面に貼りました。



 同じようにしてピンクも作りました。



 このピンクの小物入れに合いそうな色の、ピンク系の花びらシールを選びました。100円均一で買いました。



 花の形になるように、花びらシールを一つ一つ貼っていきます。














 右に紫の花びらシールを貼ったところです。



 左にサーモンピンクの花びらシールを貼りました。



 ハート形の花びらシールを隙間に散らしました。




 紫のシールの右上にもオレンジ色の花びらシールが貼ってあります。完成です。




 水色の方も完成です。

正面です。



右側です。




左側です。


 実は同じような白い画用紙でも種類によって色が違っていて、ちょっと黄色っぽい画用紙もあります。でも今回は、シールの色が映えるような真っ白な画用紙を選びました。

 小物入れはシールを貼る位置のバランスが難しかったですが、とてもかわいくシールが貼れたと思います。大切に使いたいです。


2022年4月25日月曜日

ネックレス掛けを作って (厚紙工作Part 2 )

 エリーです。今回は前回に引き続き、夏糸が巻いてあった厚紙でネックレスかけを作ってみました。前回のペン立ての応用です。

 今回は筒状の厚紙を3つ使います。


 まず、底にする厚紙に下の写真のように鉛筆で図を書きました。


 100円均一で買ったきれいな星柄のデザインペーパーとパステルカラーペーパーを用意しました。両方とも4枚ずつ必要です。


 筒状の厚紙を切りました。


 筒状の厚紙を切った後は、反対側の部分に鉛筆で印をつけてから折り曲げました。物差しとメジャーを使って中心を決めて測ったのですが、位置を決めるのがとても難しかったです。



 次に底にする厚紙をはさみで切ります。



 そして、鉛筆で印を付けた所を折り曲げます。



 こうして見ると、半円の部分と長方形の部分ができています。筒状の厚紙を当ててみて、長方形の部分を厚紙の厚さの分だけ切ります。



こんな風になります。

 

 底の厚紙を貼り付ける前に、筒状の厚紙の内側の側面に、無地の水色のパステルカラーペーパーを貼り付けます。




 そして、底にする厚紙に折り紙を貼り付けます。



 筒状の厚紙を底の厚紙の上に乗せてボンドで貼り付けます。底の厚紙はきちんと合わせたつもりでしたが、右の方の底の厚紙の大きさが合わなくてはみ出てしまったので、ボンドで貼り付けた後に切りました。ここがとても難しかったです。



 そして、筒状の厚紙を上に乗せます。


 更に上に乗せます。



 内側に折り紙を貼り付けます。


 星柄のデザインペーパーを貼り付けます。いつもデザインペーパーの方に糊を付けていたのですが、ここで間違えて厚紙の方に糊を付けたらデザインペーパーにしわが寄ってしまいました。ですので、失敗したものを剥がしてからもう一度貼り直しました。デザインペーパーが2枚無駄になってしまったのが残念です。(ですので、デザインペーパーは全部で6枚使ったことになります。)




 ネックレスを引っかけるためにカッターで切り込みを入れます。切り込みを入れるのも難しかったです。あまり切り込みを大きくしてしまうと、ネックレスが滑って落ちてしまうからです。16個切り込みを入れました。

横から見て

後ろから見て


 出来上がってネックレスを掛けました。ネックレスは8本掛けることができます。また、底の半円の部分にはネックレスのアジャスターや、ペンダントトップなどの小物を入れることができます。


 斜め横から見たところです。


 後ろから見たところです。


 このネックレス掛けは、色の組み合わせがとてもきれいにできたと思います。無地の水色のパステルカラーペーパーと星柄のデザインペーパーで、似たような色で自然に色が切り替わるようにできました。

 今まで平らな小物入れに乱雑に置いてあったので、ネックレス同士が絡まってしまったりして、取りにくかったのですが、これだと朝出かける時すぐ取り出せます。きれいな色なので自分でも気に入っていますし、普通なら捨てるような厚紙で良い物ができたと思います。うまくできるかどうか分かりませんが、また作る予定です。


2022年4月11日月曜日

ペン立てを作って

 エリーです。今回は夏糸が巻いてあった筒状の厚紙を使って、ペン立てを作ってみました。厚紙がしっかりしていて捨てるのがもったいなかったからです。


 この夏糸の厚紙は底がありません。ですので、このように厚紙を丸く切って底にします。少しいびつですが、筒状の厚紙に合わせて切ってこうなりました。


 使用した折り紙は緑3枚、薄緑2枚です。(緑は丸く切った後です。)


折り紙を丸く切りました。


 底にする丸い厚紙に、緑の丸く切った折り紙をスティックのりで貼りました。その後、筒状の厚紙を上に乗せて手芸用ボンドで貼り付けました。


 この後、もう一つ筒状の厚紙を上に乗せてボンドで貼り付けます。


 緑の折り紙を内側に、薄い緑の折り紙を外側にスティックのりで貼りました。

 

 スヌーピーのシールを貼って出来上がりです。星のシールは薄い水色を3つ、濃い水色を5つ貼りました。

左側です。



正面です。


 工夫したところは、1羽だけウッドストックの高さを変えてみたことです。あと、星のシールを貼った時の星の傾け方が、自分の思った通り星が流れるようにうまく貼ることができました。これは細かいこだわりですが、ピンセットで貼ったので難しかったです。

右側です。

 鉛筆やハサミやものさしを立ててみました。かわいいですし、使いやすいです。