2020年5月21日木曜日

スヌーピーの本について

 こんにちは。エリーです。今回はスヌーピーの本について書きたいと思います。
私とスヌーピーとの出会いは、私の叔母がくれた2冊ほどのスヌーピーの漫画でした。それがきっかけでスヌーピーが好きになり、もっと読みたいと思っていました。しかし、その時スヌーピーの本は絶版になっていて読めなかったので、いつかスヌーピー全巻を読むのが夢でした。やっと河出書房新社からスヌーピー全巻の発売が決まり、とてもうれしいです。去年から毎月2冊ずつ発売されていて、今11巻から20巻まで手元にあります。その手元にある10冊の本について感想を書きたいと思います。

 私はスヌーピーの漫画のアメリカンジョークが気に入っています。明るく笑えて何度読んでも面白いので、気分が落ち込んでいる時などに読むといいです。
 この漫画の主人公はチャーリー・ブラウンですが、チャーリー・ブラウンのマヌケなところが面白いです。私は特に凧揚げの場面などが気に入っています。
 
 登場人物はみんな恋をするのですが、みんな片思いでなかなかうまくいかないです。でも、これも面白く描いてあります。特に、ペパーミント パティとマーシーは友達同士ですが、2人ともチャーリー・ブラウンのことが好きです。友達と同じ人を好きになってしまうというのは、少女漫画だと深刻な問題になり、笑えない設定ということになります。でもこの漫画だとドロドロにならず、ユーモアがあって、笑えるように描いてあります。とても不思議だと思います。
 あと、チャーリー・ブラウンは赤毛の女の子が好きなのですが、いつも遠くから見るだけで、結局告白できずに恋が終わってしまいます。この辺は切ないところです。

 私がこの本で私が感動した場面は、スヌーピーとチャーリー・ブラウンが木の下で一緒に座って、「ふたりでここにすわって…。親友同士でサンドイッチを分け合う…。これ以上の幸せがあるだろうか!」というチャーリー・ブラウンのセリフがあるところです。チャーリー・ブラウンはスヌーピーのことを本当に愛しているというのが伝わってきます。チャーリー・ブラウンはとても心が広いと思います。

 この本は日本語訳がついていますが、英単語の意味が分からないとギャグが分からないところもあります。また英語のダジャレもあります。日本語で読んで意味が分からない時は英語の方を読むと良いと思います。

 スヌーピーの漫画は1950年から2000年くらいまで新聞に連載されていて、スヌーピーの顔が最初と比べだんだん変わっていくのですが、私は1970年代以降のスヌーピーがかわいくて好きです。

 スヌーピーの漫画はとてもかわいくて面白いのでおススメですが、1冊2800円で全25巻集めると7万円になり、ちょっと高いです。1冊300ページくらいあり、読むのが大変でしたが、ゴールデンウイーク中に読むことができました。
今コロナウイルスが流行っていて本屋さんが開いてないので、スヌーピーの漫画の続きを読むことができないのが残念です。

 私は六本木のスヌーピーミュージアム3回くらいと、南町田のスヌーピーミュージアムに1回行ったのですが、このようなスヌーピーの漫画が展示してあってとても面白かったです。スヌーピーの漫画を読むならスヌーピーミュージアムもおススメです。
 
 1巻~10巻と、21巻~25巻までの発売が楽しみです。これからも読み続けたいと思います。

2020年4月2日木曜日

私の好きな百人一首の和歌

 こんにちは。エリーです。今回は私の好きな百人一首の和歌を紹介します。
 まず、「ちはやぶる神代も聞かず龍田川 からくれなゐに水くくるとは」(在原業平朝臣)です。これは、「不思議なことの多かった神代にも聞いたことがない。龍田川が、水を美しい紅色にくくり染めにするなんて。」(*1)と言う意味です。水面が唐紅に染まったもみじにおおわれ、流れていく様子を表しています。
 また、「山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり」(春道列樹)も同じようなもみじの風景の和歌です。
「山の中の小川に、風がかけたしがらみは、流れきれずにたまっている紅葉だったのだなあ。」(*1)という意味です。
 私はもみじが大好きです。水の上を真っ赤なもみじが流れていく様子は、とても美しい風景だと思います。今は川の周りなどがコンクリートになっていることが多いので、ちょっと残念です。昔の風景を見てみたいと思います。

 あと、「かささぎの渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける」(中納言家持)も好きです。
「かささぎの群れが翼を広げて、橋をかけたという言い伝えがある天の川。その橋がまるで霜が降りたかのように真っ白に見えたことから考えると、もうずいぶん夜も更けてしまったことだなあ。」(*2)という意味です。「かささぎの渡せる橋」というのは、七夕の夜、かささぎが翼をならべて天の川に橋をかけ、織姫を彦星に渡すという伝説を表しています。
 家持は、冬の夜に霜が降りたかのように美しい天の川を見て、感動して和歌にしたのですね。私も小学校のキャンプで夏の美しい星空を見て感動した経験があります。今、都会ではなかなか美しい星空や天の川を見ることはできないので残念です。

 最後に一番好きな和歌を紹介します。
「村雨の露もまだひぬ槇の葉に 霧たちのぼる秋の夕暮れ」(寂蓮法師)です。「にわか雨が通りすぎ、そのしずくもまだかわかない真木の葉のあたりに、早くも霧がほの白く立ちのぼっている、秋の夕暮れであるよ。」(*2)という意味になります。
真木とは杉、ひのきなどまっすぐに伸びる樹木の総称です。
 雨の後、杉やひのきなどの針葉樹の、たくさんのとがった葉の先についた露はとても美しいです。また、その上に霧が立ちのぼる風景も美しいと思います。
 私は星が好きで社会人の天文同好会に入っていたことがあり、色々な場所に行きました。霧と言えば、天文同好会の合宿で見た、真っ白い霧の中の白樺の木々が、とても幻想的で美しかったことを思い出します。
 
 この和歌の情景の「杉やひのきの葉に露がついた絵」を描いてみました。絵は下手かも知れませんが、私の描いた絵を見ながら情景を思い浮かべてみてください。きっと私の紹介した和歌が好きになってくれることでしょう。
 
杉やひのきに露がついた絵
(*1)は、「知識ゼロからの百人一首入門」(有吉保)(幻冬舎)、(*2)は「小学生のまんが百人一首辞典」(神作光一監修)(学研プラス)から引用しています。



2020年3月31日火曜日

SAKURA 2020

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のための外出自粛要請が続く今日この頃。様々な活動が制限され、ストレスが溜まってしまっている方も多いのではないでしょうか?わたくしも、例外に漏れず趣味の活動が出来なかったりイベントが中止になってしまったりして、非日常的な日常生活に飽き飽きしているところです。
ということで、少しだけ普段の日常生活を取り戻すべく、先の3連休中に、散歩がてら花見をしてきました。

21日の土曜日。
この日は座間市内を散策、スタートは小田急相模原駅です。まずは、小田急相模原駅からイオンモール座間方面へ向かう遊歩道(相模が丘なかよし小道~さくら百華の道)の桜。ここは、早咲きの桜(寒桜や河津桜など)から遅咲きの桜(八重桜など)まで数十種類の桜が約1kmに渡って植樹されています。中間点付近(シェーンが施設外作業を請け負っている企業さんの近くです)では、今まさに満開を迎えようとしている「アーコレ―ド」という品種の桜(写真①)が綺麗に咲いていました。
続いて、相鉄線さがみ野駅へ向かう途中、東原の桜並木(写真②)。ここは座間市でも有名な桜の名所なのですが、一部を除いては1~3分咲きというちょっと残念な状況でした。
そこから折り返して芹沢公園の桜(写真③)。ここ芹沢公園は(座間市内では)かなり広い公園ですが、やはり桜の開花状況は….。それでも芝生にレジャーシートを敷いてお花見に興じている家族が、若干ではありますがいらっしゃいましたね。
さらに、市役所の近くにある県立谷戸山公園へ移動。ここもかなり広い公園ですが、テニスコートの周りに植樹されている桜がちょうど見ごろを迎えていました(写真④)。最後は、相武台前駅近くのかにが沢公演の桜(写真⑤)。ここも、本来ならば家族連れで賑わっているはずの場所なんですが…。

22日の日曜日。
この日は思いきり(?)足を延ばして、都心へ出向きました。まずは新宿御苑から。こちらは、ソメイヨシノ(写真⑥~⑦)や大島桜(写真⑧~⑨)が満開を迎えていました。都知事の宴会自粛要請を受けてか、苑内でレジャーシートを敷いてのお花見は禁止されていましたけど、芝生の上に寝転がってみたり、ベンチに腰掛けてみたり、とかなりゆったり鑑賞することができました。そうそう、苑内にスターバックス・コーヒーが出来ていたのにはびっくりしました。(オープン仕立てですごい行列が出来ていたので、さすがに立ち寄ることはしませんでした。)
その後、市ヶ谷駅へ出て、外堀通りの遊歩道の桜。ここはまだ満開を迎えるところまではいっていないようでした(写真⑩)。そのまま、靖国通り(写真⑪)と靖国神社(写真⑫)を経由して北の丸公園から千鳥ヶ淵へ(写真⑬~⑮)。ここは上野公園と並ぶ桜の名所ですね。自粛ムードもなんのその、結構な人出でにぎわっていましたよ(写真からは分からないかもしれませんが)。ボートが浮かんでいない千鳥ヶ淵がちょっと奇異に見えてきました。
そして、お堀沿いをもうちょっと歩いて国会議事堂前へ(写真⑯)。こちらはそろそろ葉っぱが出てきています。
2日間で約5万歩さくら行脚。運動不足気味だったわたくしの体には少々厳しいものもありましたが、溜まっていたストレスの解消には多少効果があったようです。新型コロナウィルス予防のため、手洗いの徹底や不要な接触を避けることなどはもちろん大切ですが、新型コロナウィルスに負けない体づくり、しっかり食べてしっかり睡眠をとることも、同じくらい大切なことですよ。

おまけ(その1)
シェーンが施設外作業を請け負っている企業さんの所へ向かう通りの桜(写真⑰)。約200mに渡る直線道路の桜並木は、満開ともなると結構壮観ですが、こちらもまだ3~5分咲きといった所でした。
おまけ(その2)
最後の最後は、プラザシティ相模大野の桜(写真⑱)。シェーンへ通う道すがら楽しみにしている所です。月末の今日、ほぼ満開で迎えてくれました。

さてさて。
最後になりますが、わたくし、この3月でシェーンを卒業し、4月からは新しい場所で新しい仲間たちと働きます。不安もたくさんありますが、それ以上に期待がいっぱいで、既にワクワクしています。
短い期間ではありましたが、今まで本当にありがとうございました。


①さくら百華の道
②東原桜並木



③芹沢公園
④ひまわり公園テニスコート(谷戸山公園内)
⑤かにが沢公演

⑥新宿御苑

⑦新宿御苑

⑧新宿御苑

⑨新宿御苑

⑩外堀り公園

⑪靖国通り

⑫靖国神社

⑬千鳥ヶ淵縁道

⑭千鳥ヶ淵縁道

⑮千鳥ヶ淵縁道

⑯憲政記念公園(国会議事堂前)

⑰三機大和ビル前
⑱プラザシティ相模大野

2020年2月13日木曜日

サンクトペテルブルグ室内合奏団のコンサート

 こんにちは。エリーです。私は1215日にサンクトペテルブルグ室内合奏団のコンサートで、初台の東京オペラシティコンサートホールに行きました。
実はこの合奏団の演奏会に行くのは3回目です。最初は18年前で、その時は上野にある東京文化会館でした。その次が10年前で、グリーンホール相模大野でした。今回の曲目は前と違います。チケット代は4500円なのですが、私はダイレクトメール会員なので先行予約で4000円になり、席も1階席の前から4列目で、良い席が取れました。

最初はJ.S.バッハの「ブランデンブルク協奏曲第3 ト長調 BWV1048」で、次が「2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043」でした。2曲目はヴァイオリン奏者が増えて、ヴァイオリンの響きが良いように感じられました。
3曲目が私の好きな「チェンバロ協奏曲第5 ヘ短調 BWV1056」でした。この曲の演奏は、リズム感があってとても良かったです。チェンバロ奏者は日本人女性の曽根麻矢子さんという方で、とても上手でした。

20分の休憩の後は、A.ヴィヴァルディの「四季」の演奏でした。この曲は演奏がとても素晴らしく、「かっこいいな!」と思いました。抑揚のつけ方が上手くてリズム感もあり、独創的な感じもしました。演奏しなれているようで、深みが感じられてとても感動しました。
 この中の「冬」は宇野昌磨選手の平昌オリンピックの時のショートプログラムに使われた曲なので、聴けて良かったです。
 
一つちょっと気になるところもありました。それはクラシックの演奏会では、「楽章と楽章の間、つまり第3楽章までの曲なら第3楽章が終わるまで拍手をしない方が良い」と、どこかの本で読んだことがあるような気がします。すぐ曲が始まってしまうからです。それを知らなくて、途中で拍手をしている人もいました。でも演奏会の後半になると、それが分かってきて、楽章と楽章の間で拍手する人がいなくなりました。クラシックの演奏会に行く前にCDを購入して聴いておければいいのですが、ちょっとお金がかかりますね。

アンコールはバッハの「G線上のアリア」と「パッヘルベルのカノン」でした。「G線上のアリア」はクラシックの曲の中で私の一番好きな曲で、「アンコールはこの曲がいいな」と思っていたのでうれしかったです。
本当に2時間があっという間で、もうちょっと聴きたいというところで曲が終わってしまう感じでした。遠かったけど行って良かったと思います。
 


2020年1月10日金曜日

お正月の過ごし方



あけましておめでとうございます

本年もシェーンブログをよろしくお願いいたします

という固いご挨拶はここまでにしておいて


皆さんは令和2年のお正月、どのようにお過ごしになられましたか?初詣に行かれた方、初売りでお目当てのものをゲットされた方、家でTV見ながらボーっとされてた方。それぞれ思い思いの方法でお休みを満喫されたかと思います。

わたくしは、と申しますと、結構アクティブに過ごしました。

年末はひたすら断捨離と部屋の掃除に明け暮れ、半分くらい残ってしまった状態で、残念ながら新年を迎えてしまいました。何はともあれ、初日の出を拝みに江の島海岸まで出向いた所まではよかったのですが、次第に低く分厚い雲に覆われ….お日様の姿は全く見ることはできませんでした(ので写真はありません)。家に帰って、お節料理とお雑煮を食べて、お酒を飲みながらサッカー(天皇杯)を見ていたら….不覚にも寝落ちしてしまいました。

2日、この日も朝早くから動きます。
目的地は皇居二重橋前。年始の一般参賀、しかも上皇上皇妃両殿下がお出になられる午前の部(13回のどれか)に参列するためです。7時頃に最寄り駅(東京メトロ千代田線二重橋前)に着いたら、既に多くの方が皇居方面に向かって歩いておられました。わたくしも負けずに歩を進め、なんとか第1回の列に並ぶことができました。(写真#1
写真#1



そこで耐えること1時間。少しずつ列が動き出し、次なる関門・セキュリティチェックへと進みます(写真#2)。わたくし、本とカメラしか持ち合わせておりませんでしたので、この関門は難なく通過し、次の待機場所へと進みます(写真#3)。ここで更に1時間ほど時間を潰し(?)9時を少し回った頃に先頭が橋の手前まで移動していきます。わたくしが並んでいた列は更に20分ほど待たされ、930分過ぎに正門から皇居内に入っていきました。(写真#4)
写真#2
写真#3
写真#4
























長和殿前の広場に来ると、
(a)  左右の端の方(但し前方障害物なし)
(b)  中央後方(但し前方障害物だらけ)
の2択を迫られます。わたくしは、迷わず(b)の中央後方を選択、それなりのポジションをキープしました(写真#5)。両手を上に上げてカメラを構えるとなんとか良い写真がとれそうです(写真#6)。
写真#5
写真#6











10時を回った頃、城内がざわめきだってきました。いまかいまか感がひしひしと伝わってきます。わたくし、ビデオを回すか写真にするか、最後の決断を迫られています。が、迷うことなく写真です。

そして1010分。目の前がいきなり日の丸の旗だらけになり、四方八方から「天皇陛下万歳!」の声が響き渡ってきました(写真#7)。この興奮が1分ほど続いた後、一気に視界が広がり、天皇陛下のお言葉が聞こえてきました。絶好のシャッターチャンスです。真正面に陣取ったおかげで、お出になられたすべての皇族方を収めることができました(写真#8)
陛下のお言葉が終わると、再び旗が振られ万歳の声がかけられ….あっという間に退場されてしまわれました。興奮の余韻冷めやらぬ中、急ぎ早に坂下門から退城したのであります。
写真#7
写真#8











時間はまだ10時半を少し回ったところ、このまま帰途につくのももったいないので、わたくし、歩いて、上野まで向かいました。距離があるように思うかもしれませんが、約3kmと思ってる程ではありません。神田でご飯食べたり、秋葉原でパーツ見たりと、だいぶ寄り道をしたので、上野に着いたのは2時でした。

ここでの目的は、東京国立博物館で催されている「特別公開 高御座と御調台」です(写真#9)。入場待ち90分の所、障害者手帳のご利益(?)でスムーズに入場。ガラス張りの中に設置された高御座と御調台は、思ってた以上に大きいものでした。ここでは、特別な計らいで自由に写真を撮ることができます、但しフラッシュ禁止ですが(写真#10)。なのに、あちらこちらからフラッシュの光が….。フラッシュOFFの設定方法を知らない人、意外と多いんですね。
写真#9
写真#10











結局、この日は約2万歩。10km以上歩き回ったことになります。ですから、その反動は翌日、直ぐにやってきます。

13日はお昼過ぎまで寝床に。それから、近所の神社に初詣に出かけ、駅ビルのコーヒーショップでまったり暇を潰し、お世話になってる地活(地域活動支援センター)へ出向いてご飯を頂き、普通の週末を迎える準備をしたのであります。

2019年12月26日木曜日

クリスマスイルミネーション

12月25日と言えば、言わずと知れたクリスマスですね。先祖代々仏教徒のわたくしも、この日ばかりは異教の神「イエス・キリスト」様の生誕をお祝いしますよ。


街中から流れるクリスマス・ソングも時代とともに変わってきているような気がしますが、“ジングルベル”“ホワイトクリスマス”のようなクラッシックなものから、“クリスマスイブ”(山下達郎)、“恋人たちのクリスマス”(マライア・キャリー)、“クリスマスソング”(buck number)などなど、定番と言われる名曲も多数ありますね。そんな名曲揃いのクリスマス・ソングの中からあなたがベスト1を選ぶとすれば、それは何ですか?わたくしは、誰が何と言おうと”Last Christmas”(Wham!)です。George Michaelの甘い歌声と切ない歌詞、わたくしの青春時代を代弁してるようです。そう言えば、12月25日は、彼の命日にあたるんですね。
音の次、と言えば光。クリスマス・イルミネーションもまた、年々華やかになってきていますね。今回はそんなイルミネーションをいくつか紹介してみたいと思います。


 始めに、シェーン相模大野の地元、相模大野のイルミネーションです。駅ビルのツリー(相模大野#1)はもはやランドマークとなっており、相模大野駅利用者のみならず行き交う人々の多くは、立ち止まって写メってますね。隣のボーノ(相模大野#2)は1F広場の控えめなイルミネーション、元伊勢丹があるロビーファイブ(相模大野#3)にも1F広場にもっと控えめなイルミネーションが待ってます。


続きましては、わたくしが通う病院の最寄駅、成城学園前。駅ビルの目立つ場所(成城学園前#1)に賑やかなツリーが、そして屋上庭園(成城学園前#2)の綺麗な緑のイルミネーションは目を引きますね。












さて、もうちょっと都心に寄ってみましょう。大手町のオフィスビルの一画(大手町)には温かい色のイルミネーションが可愛らしいですね。そして、定番中の定番、表参道(表参道)は欅並木のイルミネーションは、もう何も言う事はありません。


















そして最後は新宿です。都庁(新宿#1)はブルーにライトアップされてますね~。一方、新宿駅南口のサザンテラス(新宿#2)からはDocomoタワーをツリーに見立てた温かみのあるイルミネーションになってますね。





因みに、2015年(新宿2015)はベースカラーは今年と同じだけれど色とりどりのカラーボールのおかけでより賑やかな感じがしますし、2017年は紫がかったカラーが幻想的なイメージを醸し出しているように思えます。
 ワインでは水平テイスティング(同じ年の違うブランドを比べて楽しむ)と垂直テイスティング(1つのブランドの醸造年を比べて楽しむ)という楽しみ方があるのですが、これと同じ方法でイルミネーションを楽しんでみるのも一興かと思います?みなさんも自分なりの方法を見つけて、来年は違った形でイルミネーションを楽しんでみてはいかかでしょうか?
ということで、2019年も終わりを迎えようとしています。寒さも一層厳しくなってきているようです。みなさま、お身体には十分気をつけて、よい年をお迎えください。

2019年12月18日水曜日

自己紹介2

 こんにちは。エリーです。普段は軽作業やピッキングなどの外仕事をしていますが、今月から毎週水曜日だけホームページのチームで、ブログやフェイスブックなどを担当することになりました。ホームページの仕事にも興味があったのでとてもうれしいです。

 前回の自己紹介にも書きましたが、私は趣味の時間がとても充実しています。カラオケではようやく95点が出て最高記録を更新しました。

 音楽鑑賞では最近「IL DIVO」にはまっています。「MY HEART WILL GO ON」や「TIME TO SAY GOODBYE」が好きです。
 
 フィギュアスケートを見るのも好きで、宇野昌磨選手のファンです。宇野選手のカレンダーも買いました。大きいポスターの写真で、見れば見るほど素敵です。
 
 星を見るのも好きだったのですが、森林ボランティアの活動日が増えて忙しくなったため、天文サークルはやめてしまいました。星を見に行っても天気が悪いことが多いですし、都会では光害が多く、遠くに行かないと星が見えないので大変だからです。
 
 山仕事のサークル活動は、最近はみんな年を取ってしまって会員が減ってきてしまいました。サークルのリーダーの方は89歳でも毎日腹筋、背筋をして体を鍛えて頑張っていらっしゃいます。私も見習いたいと思います。山の中はとても緑がきれいで、リフレッシュできますし、山仕事は楽しいので続けたいです。
 
 私は短大の国文科を出ているので、百人一首も好きです。何枚か上の句で取ることができます。甥っ子と姪っ子が大きくなったら、百人一首大会ができたらいいなと思っています。

 前回の自己紹介では「趣味が多すぎて貯金がない」なんて書きましたが、最近は工賃を貯金できるようになりました。
 今は母が家事をしてくれるので、私は編み物や森林ボランティア活動など好きなことができます。それについては母に感謝しています。