2021年8月23日月曜日

私の好きなオリンピック競技

 エリーです。東京オリンピックが開催されました。今回は時差がないのでテレビが見やすくて良かったです。私は、オリンピックの競技の中では新体操やアーティスティックスイミングが好きです。芸術系の競技が好きなのです。

 今回のオリンピックはまず、女子の体操を見ました。日本の村上茉愛選手はゆかが得意で、種目別のゆかに出場していました。女子のゆかは音楽に合わせて演技するのですが、村上茉愛選手はダンスが上手くてキビキビとした演技で、私はとても好きです。体の動きが音楽に合っていて表現力があると思いました。最初の2回宙返り2回ひねりのH難度のシリバスも高くてすごかったです。着地もきれいに決まっていました。私は前回のオリンピックの時から「この子良いな。絶対才能あるんじゃないかな。」と思っていましたので、銅メダルが決まった時はとてもうれしかったです。

 私は、女子の体操で有名なアメリカのバイルズ選手の演技を楽しみにしていましたが、メンタルヘルスの問題で欠場してしまって、出場したのは種目別平均台の演技だけとなりました。私はバイルズ選手の演技が見たかったので、種目別平均台も見ました。わずか10cmの平均台でもぐらつかない演技でとても良かったです。バイルズ選手は銅メダルを獲得していました。


 アーティスティックスイミングは、デュエットとチームの両方を見ました。この中で私が良いなと思ったのはスペインの演技です。体の動きが音楽に合っていて表現力があり、かっこよかったです。スペインは、順位は低かったですが私は好きです。日本のチームの演技は後半が良かったです。日本は4位で残念でした。


 新体操の個人総合の予選では、大岩千未来選手がフープで優雅で美しい演技でしたが、ミスが続いて決勝に進めなくて残念でした。喜田純鈴選手も11位で惜しくも決勝に進めなかったです。また、スロベニアのエカテリーナ・ベデネーバ選手は、フープで手足をしっかり伸ばした優雅で美しい演技で良かったです。私の好きなリベルタンゴの曲に合わせていました。芸術系の競技を見ながら好きな音楽が聴けるのは、とても贅沢なことだと思います。


 新体操の個人総合で有名なのはロシアのアベリナ姉妹です。お姉さんのアリーナ・アベリナ選手と妹のディナ・アベリナ選手で、双子なのです。私は予選のアリーナ・アベリナ選手のリボンの演技が良いと思いました。音楽も選曲もとても良くて、「ロシアはクラシックの演奏も上手いのかな。」と思いました。(誰の演奏なのかはわかりませんが…)

 予選は妹のディナ・アベリナ選手が1位で、姉のアリーナ・アベリナ選手が2位でした。しかし、決勝は波乱の展開になりました。アリーナ・アベリナ選手のリボンの演技中、リボンに結び目ができてしまったのです。演技途中でリボンに結び目ができると、その後の演技が0点になってしまうというルールがあります。そのせいで19点しか取れませんでした。リボンは同じ場所で演技していると結び目ができやすいそうで、とても難しい競技と言われています。アリーナ・アベリナ選手は普通に演技していればメダルが取れるはずだったのに、本当にかわいそうでした。予選が良かったのでメダルを獲得してほしかったのですが、4位で残念でした。

 妹のディナ・アベリナ選手は特に失敗したわけではないですが、銀メダルでした。あと、ブルガリアのボリャナ・カレイン選手はクラブの使い方が巧みで、音楽にもよく合っていて良かったです。


 「新体操は採点基準が変わり、以前とは全然違う競技になってしまいました。」という解説がありました。短い時間に技をいっぱい入れないと勝てない採点になり、表現力を得意とする選手が不利になるようになってしまったのです。私は以前のほうが見て面白かったような気がします。技をいっぱい入れないといけない分、音楽に合わせるのが難しくなったのかなと思います。

 新体操の団体の決勝も見ました。その中で団体のイタリアはフープとクラブで美しい演技をして、音楽にもよく合っていたので良かったです。

 ベラルーシは、予選のボールでミスを連発して、演技が続けられず立ち尽くす場面がありました。採点基準が変わり、「技の終わりが次の技の始まり」ということにしてどの国も技をいっぱい入れるようになりました。そうすると途中で失敗した時になかなか取り戻せないのです。でも、ベラルーシの決勝はとても良かったです。

 日本のフェアリージャパンはミスが続いて残念でした。


今回の東京オリンピックは見ていてとても良かったので、次のオリンピックも楽しみです。


庵野秀明監督作品について~シン・エヴァから遡って~

久しぶりの投稿のYNです。
よろしくお願いいたします。

今回は最初の投稿と同じく、只々映画消費者の映画ネタです。

とりあえず鬼滅ニュースですが、国内興収歴代1位獲得後も400億円を突破し、その後もいろいろありながら、世界でも好成績を上げているようです。


映画「鬼滅の刃」、世界興収517億円突破 来場者数は4135万人に 今後は英国やオランダでも公開へ 2021年05月24日 13時22分 公開 [ITmedia]


鬼滅の刃は相変わらずすごいのですが、今回は私も公開してすぐに4DXで観てきた「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」で、それまでのエヴァンゲリオンに決着をつけたと思われます。

庵野秀明監督の作品について、少し書きたいと思います。


「シン・エヴァ」興収82.8億円、「シン・ゴジラ」超える 2021年05月06日 15時05分 公開 [ITmedia]

映画「シン・エヴァ」興行収入100億円突破 公開から127日で 2021年07月13日 12時28分 公開 [ITmedia]


シン・ゴジラ」も観ました。やはり実写でも異彩を放っているなと思います。

実写作品だと今後も「シン・ウルトラマン(企画・脚本)」「シン・仮面ライダー」と公開・制作が発表されています。


映画「シン・ウルトラマン」特報公開 「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」 2021年01月29日 14時27分 公開 [ITmedia]

映画「シン・ウルトラマン」公開延期 コロナ禍がスケジュールに影響 2021年03月26日 15時50分 公開 [ITmedia]

庵野監督が構成した「仮面ライダー」50周年メモリアル映像、YouTubeで公開 2021年04月04日 00時01分 公開 [ITmedia]

映画「シン・仮面ライダー」23年公開 庵野秀明さん脚本・監督で 撮影は「これから」 2021年04月03日 21時08分 公開 [ITmedia]


また実写でも楽しませてもらいに劇場に足を運ぼうと思っております。


ウルトラマン仮面ライダーシリーズは、円谷プロダクションや東映が日本の特撮の看板シリーズとして、新作や新キャラクターを次々に生み出し、日本人の一定の年齢層の男性は、子供のころに一度はシリーズに触れているのではないでしょうか。(場合によっては女性も?)
「シン・ゴジラ」のような衝撃的な展開を期待しております。ファンの方々は言わずもがなでしょうね。


過去の実写作品だと、未見ではありますが、ラブ&ポップ(1998年)、式日(2000年) 、キューティーハニー(2004年)などの作品が制作されていたのは知ってはいましたが観る機会がなく、いつか機会を見つけてみてみたいと思っております。PVやCMなどはTVで見た記憶が有ります。

とは言え、やはり庵野監督といえばアニメーション作品へのかかわりで名を上げた方だと認識しております。
それ以前にも、知る人ぞ知る人だったと思いますが、やはり、私の学生時代にやっていて、私も衝撃的な体験をした。
TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が一番印象的です。

衝撃的な体験と書きましたが、リアルタイムでは毎週TVにかじりついてという事はなかったのですが、深夜の再放送の一挙放送でハマりました。
TV放送当時は、私も自宅のTVで見ていたのですが、まだインターネット黎明期であり、自分のパソコンなどもなく、TV視聴から数年後、劇場版が公開される頃に、専門学校に通い始め、学校のインターネットが使い放題の部屋で、エヴァンゲリオンの考察サイトなどを初めて見たりしていました。
専門学校のクラスメイトと劇場版を一緒に見に行ったりもしていました。
まだWebサイトもWeb2.0などと呼ばれる前の、SNSも無くBBSなどのWeb1.0時代のカオスな空間だったなと、今になってみると思います。

新世紀エヴァンゲリオン以外のアニメ作品は、「ふしぎの海のナディア」は放送後のTVの再放送か何かで観ました。
やはり庵野監督はSFが好きな人なんだなと思います。登場するメカはスタイリッシュで引き付けられるものがあるなと思ったものです。
エヴァンゲリオン新劇場版も2007年から14年越しで完結し、今後は実写畑でやっていかれるのかなと思ったりしますが、実写の企画が一段落したら、手書きやCGのアニメ作品もまた制作してほしいと思います。


以上、庵野秀明監督作品をテーマにした投稿でした。
それではまた次回の投稿でお会いしましょう。
ここまで読み進めていただきまして、ありがとうございました。