2019年5月23日木曜日

働くこと

こんにちは。作業所のシェーン相模大野に最近復帰したささみです。私のネームはヘルシーな響きで気に入っていますが、同時に手羽先という部位に嫉妬しております、ささみです。

この世の中、健康の方も多くおられますが、当然障がいを抱えている人間も大勢います。私が通う作業所というのは、心の病を患った人が通う場所です。精神障害というのは、障がいに直面してから仕事をやめたり、休養を取ったりすることが多い病気です。障がいの程度にもよりますが、障害者手帳を持っている人間のほとんどは一般の企業での就労が困難と見なされます。

ということは、どうすれば良いのでしょうか。働きたくても働けない。社会になじめない、一般企業でやっていく自信がない。何度面接を受けても、落ちたり、たとえ受かっても続かなかったり、精神の障がいを抱えている者にとって一般社会は厳しい世界です。いやしかし、人というのはそもそも何故働かなくてはいけないのでしょうか。私なりに考えてみました。

以下に、人がなぜ職場に身を置くのか、リストしてみます。
1.働いて生活費となる収入を得るため。
2.国民の3大義務に入る「勤労」と「納税」を行うため。
3.職場の同僚・上司、さらには取引先・顧客との交流を通して自分の居場所を得るため。
4.仕事を通じて自分のキャリアアップ・スキルアップを見込み、自身が成長し続けるため。
5.日中、職場に通うことによって生活のリズムを築き、昼夜逆転などを避け健康的な生活ができるようにするため。
6.自分の自信とプライドのため。
7.働かないことによる差別・迫害を避けるため。

いざリストアップすると沢山ありますね(;^_^Aこれら以外の理由も当然あるのでしょうが、私がザっとあげた感じではこうでした。ちなみに、理由の1番と2番は当然なようですが、仕事で生活費を稼ぎ納税することって,考えてみれば仕事をする理由のリストのごく一部なんです。

仕事というのは、3番のように人との交流を深めるためだったり、5番のように自分の健康的な生活を維持するためにも良いと感じました。また、意外と大きいのが6番の自分の自信やプライドのために働くという概念です。7番でも触れましたが、大人になってから仕事をしていない、というのは周りの人間から怠けていると思われたりすることもあります。そういった意味では6番と同じく、ただ仕事をするために仕事をする、という気持ちも人にはあるのかな、と感じます。

私が通うシェーン相模大野は就労継続支援B型の施設で、いわゆる給与(工賃)が、時給でいう最低賃金を割る形となっています。なので一般企業とは全く別の形態の職場と考えるのが普通です。シェーンはB型作業所の中では工賃がわりと高めに設定されている事業所ですが、それでも利用者の工賃の平均は月2万円台。ちゃんとした仕事とは呼べない部分もあり、それが私のような障がい者としては悩みであったりしますが、でもそれ以上に通っていて多くのメリットを感じる場所です。生活の足しにもなる工賃ですが、作業所に通う理由は他にもいっぱいあって、それは綺麗ごとではなく通うことによってさまざまな充実感、安心感が得られるからです。

次回は就労継続支援B型事業所に通うメリット、および作業所での働き方についてお話したいと思います。

ささみでした。